WHAT WE DO WHAT WE DO

What we do事業エリア

TV放送・ライブイベント用
リアルタイムアバター合成 ARシステム

main

ご利用について

テレビ番組の収録・生放送から、リアルイベントやバーチャルイベントでご利用可能です。

実写映像とアバターのCG映像を、高品質にリアルタイムで合成します。

logo logo
logo logo

本システムを活用すると・・・・・・

image1 image1

カメラシステムとの連動

    放送スタジオ内のカメラシステムから出力される、
    <カメラの動き>や<レンズのズームイン・ズームアウト>の情報が、システム内の仮想(バーチャル)カメラと同期します。
    そのため、カメラ位置を固定する、ズームイン・ズームアウトを禁止するなどの、演出制約を発生させることなく、自由にダイナミックなカメラワークが可能になります。

image2 image2

高品質な合成メカニズム

    クロマキー(グリーンバック)合成よりも、高品質に映像が合成できます。
    実写映像とCG映像の境界線が目立たなくなり、ライブ感が大幅に向上します。まるで、現実世界にアバターが存在しているように、表現できます。

image3 image3

アバターのリアルタイム制御

    アバターの<表情>や<身体の動き>をリアルタイムに制御できます。
    実在の出演者のトークに合わせて、アバターを動かすことができます。観客との会話や、コールアンドレスポンス演出も実現可能です。

image4 image4

プロダクションの効率化

    ポストプロセスで合成する場合に比較して、費用が費用が大幅に削減できます。また、放送やイベントでの本番利用だけでなく、その後の「映像パッケージ化」「ARやVRといったXR化」「デジタルサイネージ化」などの二次利用の際にも、プロダクション費用の削減が期待できます。
    プロダクション予算の効率的な運用が可能です。

本システムの主な機能


 

実写背景とのCG合成

アバターやエフェクトを実人物、実写背景とリアルタイムに合成・連動が可能です。


 

アバターの
リアルタイム制御

アバターの動作などをリアルタイムに制御できます。


 

カメラ連動

3DアバターとTVカメラシステムとの連動を行います。TV局のワークフローや規格に合わせております。

本システムに関するお問い合わせ

本システムの関連事例・実績

本システムの関連技術

その他のソリューション